京成ストア

千葉県・東京都・埼玉県でスーパーマーケットを展開する企業のサイトで、小売業ということもありコンテンツの大半は顧客向けの情報(お買い得情報や店舗情報、レシピなど)となっています。テーマは、かつてのデフォルトテーマであった『Kubrick』をベースにカスタマイズ。記事の公開・非公開日時をショートコードで設定できるプラグイン『Artiss Timed Content』を導入して、サイト管理にかかる手間の低減につなげているようです。

URL http://www.keiseistore.co.jp/
テーマ名 Keiseistore WordPress Default
使用プラグイン Artiss Timed Content WP-PageNavi

最終更新日:2013.2.26
テーマ名や使用プラグインはWordClip運営者の調査によるものです

タグ:

この構築事例についてのコメント